スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
16ブロック

原題:16 BLOCKS
製作国:アメリカ
製作年度:2006年
上映時間:101分

監督:リチャード・ドナー
脚本:リチャード・ウェンク
出演:ブルース・ウィリス/モス・デフ/デヴィッド・モース/ジェナ・スターン

story:
NY市警のジャック(ウィリス)はアルコールとドラッグにおぼれ、
雑務しか任されない老刑事だった。
彼は16ブロック先の裁判所に証人を護送する簡単な任務を命じられた。
だが、道中、何者かに襲撃されてしまう・・・

ソニー・ピクチャーズ HP(16ブロック)

感想:
①よくある刑事ドラマ。(刷新的なものが皆無)
②細切れストーリー。シーンごとの関連性にイマイチ欠ける。
③ジャックのバックグラウンドが見えないのでわかりづらさアップ。
  どうして悪に手を染めたりドラッグにおぼれたりしたのかを描いてほしかった。
④ジャックが急に正義に目を覚ました不自然性。
⑤ちょっと知的障害がありそうな人物を演じたモス・デフが
  終始しゃべりっぱなしでイラついた。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/129-b67d82e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。