スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ブラック・ダリア

原題:THE BLACK DAHLIA
製作国:アメリカ
製作年度:2006年
上映時間:121分

監督:ブライアン・デ・パルマ
原作:ジェームズ・エルロイ
脚本:ジョシュ・フリードマン
出演:ジョシュ・ハーネット/スカーレット・ヨハンソン/アーロン・エッカート

story:
1947年ロサンゼルス。
ダウンタウンの空き地で身体を腰で切断された女の惨殺死体が発見された。
ハリウッド・スターを夢みながえらも無残な姿と化したエリザベス・ショート。
その事件をロス市警の刑事バッキー(ハーネット)とリー(エッカート)が追う・・・

ブラック・ダリア official HP
感想:
1947年の惨劇を映画で再現・・・できたのでしょうか。

ミステリーやホラーが大好きなわたしとしては、秋に最も期待していた1本でした。

まず、率直な感想から。
難しいというか、ややこしすぎて内容を咀嚼できませんでした。
実際に起こったブラック・ダリア事件が元になっているのだそうですが、
その事件にたどり着くまでに、他にも多くの事件や人間が絡んでいて
映画を見ながら頭の中で整理していくことができませんでした。
エリザベス・ショートの事件とは直接的には関係のない事件の
登場人物を理解できずに苦しみました。

こういった謎解きとかミステリーの類は、
軸がシンプルでストーリーも初志貫徹しているべきだとわたしは思うんです。
登場人物も後から後から増えていかない。
最初にある程度の人物を出してしまい、もちろん、犯人はその中の人物。
そういった点でわたしが優れたミステリーだと思う作品は『名探偵コナン』(笑)
カンの良いみなさまならもうおわかりかと思いますが、これがスワロのレベルです・・・
というわけで、このレベルのスワロがこの作品を理解するのは少々困難だったようです。

でも、この作品って活字の方が絶対に優れていると思います。
わたしは読書も大好きで、
まだ読んでいない本作の文庫をこれから絶対に読みたいって思いました。
即、図書館に予約を入れました。
活字だと完全に自分の想像の世界でストーリーを組み立てていくので
必然的に人物相関図も組み立てます。
画面を漠然と見ているよりも、積極的にストーリーを咀嚼していく読書は
一部の作品やジャンルにおいては映画より非常に理解しやすいものです。

役者陣は非常に豪華でした。
スカーレット・ヨハンソンはとてもクラシカルな美人だと思いますが、
実はあまり興味をかきたてられず
『ロスト・イン・トラストレーション』と『真珠の耳飾の少女』
しか見たことがありません。
今回のケイも非常に魅惑的に演じていたと思いますが、
わたしは『真珠~』のスカーレットが一番好きです。
といっても、ケイの設定自体が妙に宙ぶらりんだったからかもしれません。
ヒラリー・スワンクは『ミリオンダラー・ベイビー』のマギーが印象的でしたが、
筋肉質ながらもすらりとした体のラインが美しく、
狡猾な表情も受け入れやすい演技でした。
さすがのオスカー女優。

リーが殺されるシーンのカメラワークは絶妙だと思いましたが、
終わり方も中途半端で、納得のいかない作品でした。

スポンサーサイト

お久しぶりです
TBありがとうございました(^0^* )
原作はとても面白いらしいですよ
私も読んでみたいと思いました

スワロさんと同じく私も【名探偵コナン】はミステリーとしては完璧だと思ってます( ̄m ̄〃)
色々な面でこの映画は少し物足りなかったです

2006.10.20 23:47 URL | チェリー #yx9fSxcY [ 編集 ]

スワロさん、こんばんは!
ケイの設定。確かに宙ぶらりんでしたよね。
その宙ぶらりんなところと、スカーレット・ヨハンソンの何を考えているのかわからない表情が合ってた…かな?

ヒラリー・スワンクは妖しげで怪しげでした。
スワロさんは大目に見ちゃうのね♪

2006.10.21 00:30 URL | あむろ #y.6mc9WE [ 編集 ]

cherryさん、おはようございます。

コナン支持者がいてくださって心強い!(笑)
スワロの周囲は「すぐに犯人がわかってしまって簡単だ」という意見も多いのですが、
スワロは最後まで犯人もトリックもわかりませんよ(苦笑)
子供向けのクセにややこしいトリックを使っちゃて・・・

原作は絶対に読まねばなりませんね。

  from swallow tail

2006.10.21 06:49 URL | to cherry さん #- [ 編集 ]

あむろさん、おはようございます。

個人的にスカーレットは好きでも嫌いでもない女優ですが
結構、叩かれ気味のようですね。

テレプシコーラ、そういえばいつの間にか空美ちゃんがいなくなっていましたね~。
きっと二部では戻ってくるはず!!

  from swallow tail

2006.10.21 06:52 URL | to あむろ さん #- [ 編集 ]

はじめまして。
前評判の高かった一作でした。TBさせていただこうとしたのですが、うまくいきませんでした。この映画わたしもブログに書いてみましたので、お暇なときに見てやってください。

2006.10.21 20:39 URL | のるぶ #MMIYU.WA [ 編集 ]

こんばんわ!TB&コメントありがとうございました!
スワロさん・・・最近、めっぽう疲れきってしまっておばあちゃんのように体がしんどい睦月です。ウチのダニの被害も拡大中です(苦)。

この作品のヒラリーの存在がイマイチという意見が多いようですが。
睦月は今回のヒラリー、とても好きです。艶っぽくて美しかったなあと思います。さすがの演技力をみせてくれましたよね♪

それにしたって・・・バッキーはあっちこっちでヤリすぎでした(苦笑)

2006.10.21 21:36 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

のるぶさん、はじめまして。
訪問&コメントありがとうございます。

残念な一本でしたね。
原作は楽しめそうなのに・・・残念です。

どうやらわたしのblogはTB機能が正常に働かないようです。
申し訳ありません。
今度、お邪魔しますね。

  from swallow tail

2006.10.22 06:46 URL | to のるぶ さん #- [ 編集 ]

睦月さん、おはようございます。

バッキー、たしかに軽い男になっていましたね。
ケイやことウダウダ言えないでしょ!!ってこころの中で思っていました。

睦月さん、アレルギーは原因の除去が一番大事です!!
ずばり、ダニ駆除。
シーツを洗い、布団を干し、タンスに●ン、を買ってくるのが急務かと思われます!!
これ、今年最後の行動目標。
一緒にがんばりましょ☆

  from swallow tail

2006.10.22 06:52 URL | to 睦月 さん #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

私も期待していただけに、
見た後は正直、う~ん・・・って
うなっちゃいます。
謎解きをしていくぞ~!
と力入れて見ようとすると、
特に肩透かしを食らっちゃうのかもしれませんね。
スカーレットをめぐる男2人の人物相関図、
そこにエネルギーをそそぎすちゃったようですね。
でもやっぱり、デ・パルマ監督ってことで~♪
と最後には納得しちゃうんですけどね。。。

2006.10.23 13:17 URL | 葉月 #/tPflSLs [ 編集 ]

スワロさん、こんにちは、お邪魔します。
ヒラリー・スワンクはあんな役でもさすがでしたね。
でも私はブラック・ダリア(被害者)と「瓜二つ」というのは無理があったように思いました。
映画を見ながら「全然似てないよっ」と突っ込みたくなりましたよ(^^;)

2006.10.23 16:49 URL | mei #- [ 編集 ]

葉月さん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。

この作品「デ・パルマ監督なのに・・・」と
「ま、デ・パルマ監督だしね」という部分が大きいみたいですね。
デ・パルマ監督のことをあまり知らない自分としては何とも言いがたいのが残念です。

  from swallow tail

2006.10.23 19:43 URL | to 葉月 さん #- [ 編集 ]

meiさん、こんばんは。

「瓜二つ」は無理がありました??
わたしは
「似てるか?・・・でも、全く似てないこともないし、
 テイストは違うけどどっちも印象的な顔立ちという点では一緒じゃない?」
と、特別気にしはしませんでした。
そうしたら、最終的には結構似てるかも、と思えてきたから不思議です。

  from swallow tail

2006.10.23 19:49 URL | to mei さん #- [ 編集 ]

 トラックバック、コメント、ありがとうございます。本篇より予告篇が面白い・・・私は今、そう思っています。ブライアン・デ・パルマという監督は奇才だと言われていますが、私個人としては、秀作と駄作を交互に作る天才だと・・・「スネーク・アイズ」「レイジング・ケイン」「ボディ・ダブル」は、けっして豪華な俳優陣ではないけれど、素晴らしいサイコサスペンスです。もしよかったら1本でもご覧下さい。面白いと思ったら、私と感性は似ているかもしれません。
 本作は、仰るとおりの出来で、私はダメでした。読ませてもらい、ありがとうございます。これからも宜しくお願い致します。  冨田弘嗣

2006.10.25 01:07 URL | 冨田弘嗣 #9L.cY0cg [ 編集 ]

冨田さん、おはようございます。

デ・パルマ監督に良い意味か悪い意味か興味を抱いた今、
冨田さんにご紹介していただいた作品、見てみようと思っています。
・・・サイコサスペンス、大好きですから。
もう少し脚本を煮詰めていたら・・・
わたしの好きなタイプの作品だったのに。

昨日はお天気も悪く、冷えていましたね。
お風邪など召されませんように。

  from swallow tail

2006.10.25 07:42 URL | to 冨田弘嗣 さん #- [ 編集 ]

はじめまして!のぞみと申します。
ストーリーに関するご意見にうんうんうなずいてしまいました。
私も込み入った話は映画より小説で読むほうが好きなので…
映像はとても美しかったので原作をぜひ読んで再挑戦したいところです。

スカーレットは私も『真珠~』の方が好きです~。

2006.10.25 23:37 URL | のぞみ #aEmTB4nk [ 編集 ]

こんにちは♪ TB、ありがとうございました(^0^)
私もスカーレットは『真珠・・・』の方が良いと思います。
あのスカーレットの方が色気を感じますね。

ところで、この度スワロさんに初めてブログバトンをお渡ししたく、ご用意しております。
「いい男バトン」です。
もし宜しければ受け取って下さいませm(_ _)m

2006.10.28 15:51 URL | non #FXbBe/Mw [ 編集 ]

のぞみさん、はじめまして。
コメントを頂いたのに放置状態が長く続いて申し訳ないです。

さて、『ブラック・ダリア』の文庫ですが、
どの書店に行っても売り切れ状態で未だに手に入れられません・・・
紀伊国屋で見たときに買えばよかった・・・と今更嘆いてみる(苦笑)

のぞみさんのblogにもお邪魔させてもらいますね!!

 from swallow tail

2006.11.01 06:58 URL | to のぞみ さん #- [ 編集 ]

nonさん、おはようございます。

バトンタァーーーッチ!
いい男バトン、受け取りましたよ。
でもね、あまり男性に関心がないんだけどぉ・・・わたし。

  from swallow tail

2006.11.01 07:05 URL | to non さん #- [ 編集 ]

死体発見までが長すぎるので「『ファムファタール』に引き続き、デ・パルマおじさんは謎解きをちゃんとやる気がないな」と思ってしまいました(笑)。

てなわけで、TBりありがとうございました。

2006.11.01 14:56 URL | にら #lcbXb0/Q [ 編集 ]

にらさん、こんばんは。
 
いつもながらナイスな考察力です。
感心してしまいますよ。
わたしはデ・パルマ氏は見限って小説に走ることにしました。
しかし、店頭からその姿が見えず・・・

  from swallow tail

2006.11.01 17:58 URL | to にら さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/128-dc386f81

『ブラック・ダリア』
監督:ブライアン・デ・パルマ CAST:ジョシュ・ハートネット、ヒラリー・スワンク、スカーレット・ヨハンソン 他「LAコンフィデンシャル」の作者ジェイムズ・エルロイが、実在の迷宮入り事件を基に書き上げた小説の映画化。1947年、ロサンゼルス。元ボクサーの警察

2006.10.20 22:59 | **Sweet Days**

ブラック・ダリア
1947年に実際に起こった殺人事件を元に【L.A.コンフィデンシャル】(97年映画化)の作家ジェイムズ・エルロイの小説の映画化彼の生い立ちが色濃く反映されたと言うこの作品は"L.Aノワール四部作"の中の第一作目になるそうだ("L.A.コンフィデンシャル"

2006.10.20 23:42 | Cinemermaid

『ブラック・ダリア』
…えっ。「そっくり」?

2006.10.21 00:20 | なんでもreview

ブラック・ダリア
あんたのはボクシングじゃないわよ!鼻折ってあげましょか?! 

2006.10.22 03:41 | ネタバレ映画館

『ブラック・ダリア』と乾杯
ブラック・ダリアジェイムズ エルロイ, James Ellroy, 吉野 美恵子待ちに待ったブラック・ダリアです。なんといってもブライアン・デ・パルマ監督です。1940年代の時代背景やサスペンスタッチ、などなど。。。監督らしい作品でしたね。キャスト陣、スカーレット・ヨハン

2006.10.23 12:10 | 映画とお酒と・・・エトセトラ

ブラック・ダリア
全体的に後味の悪い一本でした。「ブラック・ダリア」を演じているのは「24」で謎めいたテロリスト、マンディ役のミア・カーシュナー。 監督 ブライアン・デ・パルマ 出演 ジョシュ・ハートネット 、アーロン

2006.10.23 16:50 | Prime time CINEMA

ブラック・ダリア
TOHOシネマズなんば  私はブライアン・デ・パルマ監督が大好きである。この監督にサスペンスを撮らせたら、いま、右に出るものはいない。また、長まわしの天才でもある。長まわしと思わせないような長まわし

2006.10.25 01:01 | 活動写真評論家人生

ブラック・ダリア
【映画的カリスマ指数】★★☆☆☆ 理解力の低い自分を恨みます・・・。 

2006.10.29 02:13 | カリスマ映画論

映画「ブラック・ダリア」
原題:The Black Dahlia1940年代後半、日本では戦後色も色濃い頃、へそのところで切断され、口は耳まで裂かれ内蔵はないぞの全裸女性死体、実在事件に着想の小説映画化 元ボクサーの二人の刑事、チャリティーで催すボクシングの試合のシーンもそこそこに、ミステリ

2006.11.12 02:51 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

ブラック・ダリア:映画
今回紹介する映画は、ブライアン・デ・パルマ監督、ジョシュ・ハートネット、ヒラリー・スワンク、スカーレット・ヨハンソンが出演しているサスペンス作品の『ブラック・ダリア』です。 ブラック・ダリア:ストーリー 1947年、LA市内の空き地で、女性が腰部分を切断さ

2008.08.11 01:12 | 映画札幌グルメ情報のジフルブログ

ブラック・ダリア
この映画あまり評判がよくないですね。( ^ _ ^; でもスカーレット・ヨハンソンとヒラリー・スワンク、 興味ありますね。 かつてはプロボクサーとして鳴らした、警官のバッキーとリー。 LA市警のPR試合で一戦を交えた2人は、急速に接近、 特捜課でコンビを組み

2008.11.11 20:41 | 映画、言いたい放題!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。