スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |



原題:A BEAUTIFUL MIND
製作国:アメリカ
製作年度:2001年
上映時間:134分
DVD:2005年4月28日

監督:ロン・ハワード
原作:シルヴィア・ネイサー
脚本:アキヴァ・ゴールズマン
音楽:ジェームズ・ホーナー
出演:ラッセル・クロウ、エド・ハリス、ポール・ベタニー

story:
1947年9月、ジョン・ナッシュ(クロウ)は
プリンストン大学院の数学科に入学を果たした。
彼の頭にあるのは
「この世のすべてを支配する真理を見つけ出したい」という欲求のみ。
ひとり研究に没頭するナッシュは
次第にクラスメートからも好奇の目で見られるようになる。
しかし、ナッシュはついに画期的な“ゲーム理論”を発見する。
やがて希望するMITのウィーラー研究所に採用され、
愛する人と結婚もしたナッシュ。
さらに、米ソ冷戦下、彼の類い希な頭脳が暗号解読という極秘任務に利用され、
彼の精神は次第に大きなプレッシャーに追いつめられていく・・・

ビューティフル・マインド official HP
感想:
この映画、大好きです。
もう何度も繰り返し見てるし、ペーパーバッグ(原作)も買いました。
でも、原作は専門用語が難しくて読みきれませんでした・・・

最近、サイコ系ホラー映画をちらほら見かけますが、
たね明しで衝撃的だった作品です。
『シックス・センス』よりも断然ショッキングでした。
『ハイド・アンド・シーク』に至っては足元にも及びません。

この映画の視点は途中まで(たねが明かされるまで)主人公・ジョンの視点です。
もちろん、ポール・ベタニーは実在の人物であり、極秘任務も存在するのです。
しかし、ジョンが統合失調症だとわかった点で視点が開けます。
それまで、完全にわたしもジョンの視点でした。
ポール・ベタニーはジョンの同期で友人。
極秘任務にもハラハラしてました。
これらが幻覚・妄想だったとわかった瞬間、ショックでしたね。
まんまとだまされました。

後半も症状がおさまらない辛さ、家族とのすれ違い、家族の苦悩など
統合失調症の苦しみをリアルに書き出していると思います。
ジョンを支えた妻の存在も素晴らしいです。
こういうのが「純愛」じゃないんでしょうか。
スワロ的純愛指数は『きみに読む物語』より上です。

ラッセル・クロウもいい演技でした。
抑え目の演技が雰囲気を出していましたね。
グラディエーターよりも断然オトコマエ。
ポール・ベタニーもミステリアスでいいですね。
彼は下手なラブコメなんかに出演して欲しくありません。

ベタ褒めになってしまいましたが、本当に良い映画です。
スポンサーサイト

スワロさん、こんにちは。
スワロさんもベタニーさんがお好きとのこと!
私はその存在を知ってまだ数週間というレベル(恥)
是非、いろいろ教えてください。
この作品のベタニーさんも素敵でした。
彼の銀に近いような金髪、金色の眉、細くて背が高くて肌の色もとっても白いという特徴も
役にとても合っていたと思いました。

>下手なラブコメ

あの作品は下手なラブコメに該当するのですね・・・。
でも怖いもの観たさで観てしまいそうです。
今週はレンタルした「ロック・ユー!」でベタニーさんを堪能します。

2006.04.29 22:14 URL | ゆづ #G91RSZjw [ 編集 ]

ゆづさん、おはようございます。

ベタニー好き歴数週間ですね。
でも、きっとはまりますよ~
『ダ・ヴィンチ コード』の原作はお読みになりました?
ベタニー扮するシラスは色素欠乏症の修同僧なんです。
だから色白で髪も白いんです。
でも、それがベタニーにぴったりですよね。
映画を見る前から確信してます(笑)

この作品では、ナッシュの幻覚、という存在をうまく演じてましたよね。
幻覚なのに存在感がある、そして、見る側も幻覚に見えない・・・
素敵すぎるー!!

スワロはまだまだゆづさんにベタニーについて教えられるほど
ベタニー通じゃないんですよ・・・
一緒にベタニーにはまりましょ★
(変な提案・・・?)

  from swallow tail


2006.04.30 05:07 URL | to ゆづ さん #- [ 編集 ]

swallow tailさん、こんばんは。
自分もこの映画は大好きです。
これほどサスペンス要素が含まれているとはしらず、ホントにドキドキしました。
2人の夫婦の絆も素晴らしい。
ロン・ハワードの最高傑作ですね。

2006.06.18 22:12 URL | kowa.shu #- [ 編集 ]

kowa。shuさん、おはようございます。
訪問&コメントありがとうございます。

ロン・ハワード監督、最新の『ダ・ヴィンチ~』はイマイチでしたが
その他の作品は秀作ぞろいです。
スワロは特にこの作品が好きです。
視覚への訴え方が見事でした。
映画だからできることですよね。
本ではあの“ぞくっ”とした感じは味わえません。

よかったらまた遊びに来てくださいね★

  from swallow tail

2006.06.19 06:50 URL | to kowa.shu さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/12-90f4790c

-
管理人の承認後に表示されます

2010.05.26 23:24 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。