スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ディセント

原題:THE DESCENT
製作国:イギリス
製作年度:2005年
上映時間:99分

監督:ニール・マーシャル
脚本:ニール・マーシャル
出演:シャウナ・マクドナルド/ナタリー・メンド/アレックス・リード

story:
一年に一度の女友達との冒険旅行に出かけたサラ(マクドナルド)は
愛する夫ポール(オリバー・ミルバーン)と一人娘ジェシー(モリー・カイル)を
交通事故で失ってしまう。
それから一年後、立ち直ろうとしていたサラは
思い切って友人たちが企画した女だけの冒険旅行の誘いを受けることにした。

ディセント official HP
感想:
予告編で「ヨーロッパ全土を震撼させた絶叫映画」とあり、
洞窟探検というテーマと女優たちの絶叫が『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』を
連想させ、ホラー大好きなスワロはものすごく興味を書き立てられました。

この作品、前半の怖さは群を抜いています。
『エミリー・ローズ』で突然の恐怖シーンにびくんっとなった、と書きましたが
あの“びくんっ”が何度も訪れるんです。
一人で見るのが怖かったけど、一人で見てよかった・・・

舞台はアメリカ・アパラチア山脈ですけど、撮影はスコットランドの奥地で行われたそうです。
その洞穴のいかにも怖そうなこと。
波乱万丈な冒険になりそうなことは一目瞭然です。
そして、女6人で洞窟に入るというシチュエーションも怖さを倍増させます。
真っ暗な洞窟でジワジワと恐怖が押し寄せ、一気にディセント<急降下>!
フライヤーにのっていたまんまの感想になってしまいました。
本当に怖かったけど、その様子をうまく伝えられないことがもどかしいです。

でも、ケイビング、遭難、パニック・・・
そういった起こりうる要素だから恐怖も実感できるんですけど、
恐怖の対象が洞窟に住むエイリアン(地底人?)だとわかった瞬間、
別のディセントが訪れました。
怖くなくなってしまいました。
いきなり非現実的になってしまったので、恐怖も感じられません。
人間離れした動きに、人を貪欲に食らうその姿は
たしかにグロテスクなんですけど、
グロテスクに恐怖をあまり感じないスワロとしては興ざめでした。
そして、その人間離れした地底人たちを、
超人的な強さで主人公たちが打ち倒していく様子は冷静になるとかなり疑問です。
あまりの恐怖で感覚が麻痺して(いわゆるプッツン)
地底人よりも残虐になってしまったんでしょうか。
いずれにしてもこのシーンはある意味ホラーです。
しかし、ラストまでしっかりさまざまな恐怖を用意してくださった監督にありがとうは伝えたいです。

しかし、判然としないラストは賛否両論になりそうな予感です。
わたしとしてはまとめ方が見つからなくて
こういうラストになってしまったのかな、という感想を抱きました。

この作品の一番の恐怖シーンは主人公サラとジュノが対峙するシーンでしょうか。
とくにサラは血の池に落ちたこともあり全身血まみれなのでブルーの目が引き立ち恐怖感up。
ホラーの王様、スティーブン・キングの『キャリー』を彷彿とさせます。

多少の批判はありましたが、ホラー大好き!という人には見ていただきたい作品です。
恐怖に対する閾値も、何に恐怖を感じるかも人によって異なるので
ホラーはとにかく見ていただきたいです。

19時の回を見たのですが、観客はカップル2組、女同士1組、老夫婦1組、
サラリーマン3人とスワロでした。
微妙ですね・・・
カップルの女性は上映が終わって席を立つなり泣き出していましたよ。
やっぱり怖い映画みたいですね。
スポンサーサイト

はじめまして、たかゆきと申します。先日はコメントありがとうございました。

あのラストには私は反対です。あそこまで頑張って色々やってきたのだから、もっとすっきりハッキリと終わって欲しかったです。
 スワロさんはホラー映画が平気な方なのでしょうか?私は観てはいますが見た後には大抵後悔しています。怖いのは苦手です。

2006.08.05 22:12 URL | たかゆき #- [ 編集 ]

たかゆきさん、おはようございます。

たかゆきさんはラストが気に入らなかったようで。
スワロは最初(夢の方の)ラストを見て“びくんっ”となってしまい、
もうどんな終わり方でもいいよ・・・と感じてしまいました。
完全に納得はできませんでしたけど。
でも、あのラスト以外にどんなラストだったら適当か
ってきかれても答えられないけど・・・

スワロはホラーは得意ですよ!
よく見ます・・・一人で(悲)。

  from swallow tail

2006.08.06 10:49 URL | to たかゆき さん #- [ 編集 ]

はじめまして。

私も同じ感想で、前半の洞窟冒険の方が怖かったです。
怖かったと言うか、自分には絶対ムリ的な数々の冒険行動が・・・。

しかし、もう後半は失笑してみてました。
サラが強すぎて(笑)
多分、彼女とジュノで全滅できた気がします。

ラストというか、ラスト手前のサラの行動が、
個人的には×でした。倫理的に。

2006.08.06 23:55 URL | GIEN #- [ 編集 ]

GIENさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

あのラストは反対派の方が多いのでしょうか。
あのラストで完全に盛り下がってしまったのも事実ですが、
それを言ったら地底人が登場したところから完全に興ざめしてしまったので
この際ラストは関係ないです(苦笑)。

いやいや、GIENさん、ホラー映画に倫理を求めちゃいけないですよ。
サラがあの行動に出ることは予想がつきましたしね。
スワロは足を攻撃したサラは随分冷静な策士だなぁ、と思いましたよ。

ちなみにスワロもこんなケイビングしたくないです。

  from swallow tail

2006.08.07 06:35 URL | to GIEN さん #- [ 編集 ]

スワロさん、こんにちわ!
あの地底人が現れてから恐怖が半減してしまったというその気持ち、分かります。意味不明に怖かったものを、やたらエイリアンだの未確認生物だのっていうオチに頼る作品ってたくさんあるんですよね。
スワロさんは『ドリームキャッチャー』は観ましたか?あの作品も、前半はものすごい気味悪くて怖いのに・・・正体がバレた途端に全く怖くなくなってただの駄作になってしまたのが残念な映画でした・・・。

この映画はラストの解釈もいろいろある作品でしたね。私なんぞは、もう完全に怖くて仕方のない状態だったので、あのラストもいろいろ考えをめぐらせてしまって・・・さらに恐ろしかった・・(泣)

≫カップルの女性は上映が終わって席を立つなり泣き出していましたよ。

睦月なんか観ながら一人で泣いてましたよ・・・「キャア!怖いっ!」ってしがみつく肩がほしい・・。ほしい。ほしい・・・

2006.08.12 10:55 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

睦月さん、おはー。(なつかしのオハスタです)

『ドリームキャッチャー』!!
もちろん見ましたよ!
ある意味キングらしい・・・、というのが感想です(苦笑)。
キングは大好きですが、
「ホラー以外のキング作品(スタンド・バイ・ミーなど)は秀作ぞろい。
 ホラー系(シャイニングなど)はB級」
というのがスワロの持論なので。

スワロもこんなに怖い作品って初めてで、
前半は「どうしよう、どうしよう。メチャクチャ怖いじゃん。
 今出るべき?一人で見れないよ。怖いっ」
なんて静かにパニックでした。

睦月さん、こんど一緒にホラー見ましょうか。

  from swallow tail 

2006.08.13 06:32 URL | to 睦月 さん #- [ 編集 ]

今晩はー☆
ようやくDVDにて鑑賞しました。 なかなか見ごたえありましたねー。
設定そのものも斬新でしたし、閉塞された空間だからこそ生まれてくる心理描写は差し迫るものがありました。

2007.02.16 01:47 URL | mei #- [ 編集 ]

meiさん、おはようございます。

meiさんもご覧になられましたか。
かなり公開劇場が限られていたようなので、
劇場で見られた方は少ないようですね。

それにしてもあの恐怖感!
斬新でしたね。
切迫した恐怖感と焦燥感の描写には、
見ているわたしもどうかしちゃうんじゃないかというものがありましたよ。
おお、こわっ。

だけど、怖いもの見たさという言葉は本当で、
ネタばれもしているにもかかわらずもう一度みたいです。

  From swallow tail

2007.02.16 08:09 URL | to mei さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/112-4cce3ed0

ディセント
6人の女友達が、年に一度の冒険旅行に訪れた地下洞窟。ケービングを楽しむはずが落盤の影響で出口は塞がれ、一転して彼女たちは暗闇の世界に閉じ込められてしまう。やがて言い争いから仲間割れが起き、精神的にも肉体的にも限界に達する中、彼女たちがみつけたものは…。出

2006.09.10 04:00 | DVDジャンル別リアルタイム価格情報

ディセント
鑑賞中、川口浩探検隊を思い出すことができれば、怖くなくなります。だってカメラさんもいるんだもん。

2006.09.28 20:09 | ネタバレ映画館

ディセント 07043
ディセント THE DESCENT2005年 英   ニール・マーシャル 監督シャウナ・マクドナルド ナタリー・メンドーサ アレックス・リード サスキア・マルダー マイアンナ・バリング ノーラ・ジェーン・ヌーンイギリスだからじゃないんでしょうケド、0:34 のパ....

2007.02.13 01:52 | 猫姫じゃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。