スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
オリバー・ツイスト

原題:OLIVER TWIST
製作国:イギリス/チェコ/フランス/イタリア
製作年度:2005年
上映時間:129分

監督:ロマン・ポランスキー
原作:チャールズ・ディケンズ
脚本:ロナルド・ハーウッド
出演:バーニー・クラーク/ベン・キングズレー/ハリー・イーデン/ジェイミー・フォアマン

story:
19世紀、イギリス。
養育院で育った孤児オリバー・ツイスト(クラーク)は
教区吏のバンブル氏(ジェレミー・スウィフト)に連れられて、自分の生まれた救貧院へ戻される。
救貧院の食事はあまりにも粗末なもので、空腹を抱えた子どもたちは何ヶ月も耐えた末、
遂に、お粥のおかわりを要求する者をくじ引きで選ぼうと決める。
貧乏くじを引いたのはオリバーだった・・・

オリバー・ツイスト official HP 
感想:
チャールズ・ディケンズの著書「オリバー・ツイスト」。
さらに?年の作品を『戦場のピアニスト』のポランスキー監督がリメイク。

スワロも読書好きだし、一応原作を読んでおこうと思って着手しましたが、挫折しました。
活字が小さすぎると息苦しくなるんですよね・・・
さらに、有名すぎるミュージカル『オリバー!』も見たことがありません。

正直な感想は、よくわからなかった、です。
期待していたものとだいぶ違っていました。
見終わった後、「だから一体何が言いたいの?」
という釈然としない気持ちが一番大きかったです。
わたしとしては、この作品はオリバーが貧しく、決して恵まれているとはいえない状況の中で
いろいろな人に出会い、犯罪まがいのことに首を突っ込んでもたくましく成長する、
というようなものかと思っていました。
オリバーにはさまざまな困難が待ち受けていたのは事実です。
しかし、行き倒れても運良く食事と宿にありつけ、
目の敵にされていたビル・サイクスに追いかけられるも
ビルはタイミングよく死んでしまいました。
そして親切な老紳士に気に入られてハッピーエンドを迎えました。

一体オリバーはどうしてこんなに運がよかったのか、と疑問に思いました。
(運がよいという表現が適切かどうかはわかりませんが)
それもひとえにオリバーの外見が可愛らしかった空のような気がしてなりません。
オリバー役のバーニー・クラークは広告で天使とも形容されているほど
可愛らしく、美形でどことなくはかなさを帯びた容貌は女の子が好みそうなです。
そんなバーニーくんの容貌ゆえにオリバーは
「正直そうだ」「賢そうだ」と思われたのではないかと。
それから、ラストでオリバーが窃盗集団のボス、フェイギンをかばいますが、
おそらくオリバーはこころの中では彼のことを慕っていたのだろうけど、
それまでのオリバーの様子を見ただけでは
彼がフェイギンをかばって涙するような子どもに見えませんでした。
オリバーはあまり自発性のない子どもとして描かれていましたよね。
そんなこんなで、バーニーくんの演技力がいかほどかというのもちょっとわかりかねました。

いまいち満足のいかなかった脚本ですが、美術は素晴らしかったです。
80億円、という額が素晴らしいと勘違いしているか自分自身でも判別がつかないけど、
薄暗く、不衛生でごみごみした街並みは19世紀のロンドンさながらだと思います。

スポンサーサイト

スワロさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

自分はこれを劇場で観る前に、チラシに載ってた巨額の製作費+おすぎのCMというダブルパンチをもらってちょっと騙されたクチです・・(^^;)原作を知らないからかもしれませんけど、やっぱり自分もあまりのめりこめませんでしたね。
『戦場のピアニスト』の方が個人的には上でした。

2006.08.07 20:30 URL | メビウス #mQop/nM. [ 編集 ]

メビウスさん、こんばんは。
梅雨が明けて暑いですね~!!

スワロもおすぎのCM見たかった・・・
おすぎが薦めていると(CMしていると)なんとなく見たくなってしまいますよね。
『戦場のピアニスト』は劇場で見ました!
感動作に仕上がってましたね。
とりあえず原作を読む前に
ミュージカル『オリバー!』を見たいです。

  from swallow tail

2006.08.07 22:37 URL | to メビウス さん #- [ 編集 ]

スワロさん、こんばんは~。
私はオリバーのかわいさと頑固さに
結構魅かれましたよ~。
ラストにフェイギンを訪ねるシーンでは
珍しく感動しました。
しかし、制作費とは裏腹に、衣装といい町並みといい、
そこはかとなく流れる貧乏チックなところは
なかなかだなぁと感心しました(笑)

2006.08.09 23:58 URL | ゆづ #G91RSZjw [ 編集 ]

ゆづさん、おはようございます。

バーニーくん、美形ですよね。
さすがフライヤーにアップで載ってしまうほどです!

80億円という巨額の費用をかけた街並みのセットは本物のようでした。
しかし、大枚をはたいて貧乏くささをだすという、
若干矛盾した行為が少し悲しいですね。
でも、それもいい作品に仕上げるためですよね!!

  from swallow tail

2006.08.10 06:28 URL | to ゆづ さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/111-f53d9873

『オリバー・ツイスト』
ロマン・ポランスキー監督19世紀のロンドン、孤児のオリバー・ツイストが孤児院を出てから、数々の苦難を乗り越え逞しく生き抜く日々の物語。ポランスキー監督の描く、リアリティ溢れたオリバー少年の物語です。『戦場のピアニスト』でもそうでしたが、主人公が迎える苦難や

2006.08.07 18:29 | *Sweet Days*  ~movie,music etc...~

オリバー・ツイスト(評価:○)
【監督】ロマン・ポランスキー【出演】バーニー・クラーク/ベン・キングスレー/ケイミー・フォアマン/リアン・ロウ/エドワード・ハードウィッグ【公開日】2006/1.28【製作】イギリス・フランス・チェコ【ス

2006.08.07 20:26 | シネマをぶった斬りっ!!

「オリバー・ツイスト」
「オリバー・ツイスト」  公式サイト 劇場鑑賞 ゆづの好き度  ★★★★ (満点は★5個) 2006年1月28日公開  129分やっと観て来ました。玉ノ井部屋の東輝龍さんもオススメ していましたが、確かにいい作品でした。顔がかわいいこと、

2006.08.09 23:59 | ●○ゆるゆるシネマ感想文○●

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。