スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
M:i:Ⅲ

原題:
製作国:アメリカ
製作年度:2006年
上映時間:126分

監督:J・J・エイブラムス
原作:ブルース・ゲラー
脚本:J・J・エイブラムス/アレックス・カーツマン/ロベルト・オーチー
出演:トム・クルーズ/フィリップ・シーモア・ホフマン/ヴィング・レイムス

story:
スパイを引退し教官となったイーサン・ハント(クルーズ)の新たなミッションは、
自らの教え子の危機に立ち上がることから始まる。
しかし、正体不明のコード・ネーム「ラビットフット」を手に入れることであった・・・

M:i:Ⅲ official HP
感想:
苦手な俳優トム・クルーズ。
だけど、映画を見たい気分だったし、
公開作品の中ではスクリーンで見るのにうってつけの作品だったので観賞。

この作品の観賞を見送ってたのは、前作を2作とも見ていないこと、
アクション映画はさほど好きなジャンルではないこと、
そして、トム・クルーズはあまり好きな俳優ではないからです。
これだけそろっちゃうと、見る必要性を全く感じませんよね。

しかし、敬遠しつつも見ると意外に楽しめてしまうのがトム出演作の恐ろしいところ。
今回も、最初は集中できなかったんですけど、30分を過ぎるとのめりこんいでました。

アクションシーンのすごいこと。
“ド”派手なんです。
こんなにド派手にやってしまう国家秘密組織も
アングラの組織もおそらくなかろう、というくらいにすさまじいアクションです。
スワロ、後半は不整脈に見舞われ息苦しかったですよ・・・
すさまじいアクション・シークエンスで
純粋に映像を見ているだけで飽きません。
でも、あまりにもアクションシーンが盛りだくさんだったし、
ハラハラする時間が長すぎて食傷気味になってしまった感はありました。

ストーリーは面白いんだけど、もう少しディテールにこだわって欲しかったです。
バチカンへの侵入と、あと思い出せないんですけど、
他にもどこか説明不足のシーンがあったように思います。
上海もかなり端折ってましたよね。
でも、それもあの“ド”派手なアクションを見れば忘れるのです。
多少の端折りは“ド”派手アクションの前では些細なことなのです。
犯人というか事件の黒幕となる人物もかなり早い段階から読めてしまったけど。
ラビット・フットの役割が結局わからなかったけど。

キャストはよかったです。
フィリップ・シーモア・ホフマンは最近脚光を浴びるている俳優だけど、
うわさに違わず貫禄あるヒールを演じていました。
マギー・Qは控えめだけど、美しく静かな力強さを感じますね。

トムに関してはいろいろなうわさが付きまとってタブロイド紙を賑わしているけど、
イーサンの感情的になって抑制が外れてしまうところなんて
トム自身じゃないかって思えますよね。

ただ、今のスワロは劇中のアクションよりも、セルフカラーに失敗して
毛先よりも根元の方が明るい“逆プリン”になってしまったことに驚いています。
スポンサーサイト

ド派手なアクションというのは、多少のミスをも消し去ってしまう効果があるものですよね~
また、上海での端折り方はみんなが指摘するくらいだから、他のミスをも消し去ってしまうくらい・・・やっぱり上手いってことかもしれません・・・

2006.08.02 22:04 URL | kossy #YaTS71PM [ 編集 ]

kossyさん、こんばんは。

劇場ではめまぐるしいアクションに多少のミスは目に付きませんでしたが、
こうやって家に帰って感想でも書こうとしたときに
「あれ?あのシーンってどんなだっけ?」
ってやっぱり気になるんですよねー。
でも、あまり気にすると
せっかくアクションシーンで得られた高揚感も殺がれちゃいますね。

  from swallow tail

2006.08.02 23:03 URL | to kossy さん #- [ 編集 ]

スワロさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

スワロさんmiシリーズを観てなかったんですね(--;)でもトムのmiシリーズは勧善懲悪・起承転結。結構分かりやすいストーリーなので、初見の人でもとっつきやすにも見所の1つなんだと思いますね♪

トム以外にも、アジアンビューティーなマギーQも綺麗でしたしね♪あの際どいドレスはなんか『LUX』のCMに出てくる女優さんが着てるような感じですね(笑

2006.08.03 00:02 URL | メビウス #mQop/nM. [ 編集 ]

メビウスさん、おはようございます。

ストーリーは非常にわかりやすかったですね。
「イーサンがあらゆるハードルを乗り越えてミッションを遂行するんだぞ」
というがっちりした芯のおかげですね。
ただ、結のあたりがあらら・・・だったりしましたが。

マギー・Qは女のスワロでもきれいだと思いました。
スワロは「アジエンス」のCMを思い出しました(笑)

  from swallow tail

2006.08.03 06:11 URL | to メビウス さん #- [ 編集 ]

こんにちわ!TB&コメントありがとうございます!

≫しかし、敬遠しつつも見ると意外に楽しめてしまうのがトム出演作の恐ろしいところ。

ウハハハ!!相変わらず、スワロさんのレビューは、さりげなく面白いことを言うので大好きです。なんだかんだ言っても・・・私はトムの作品は全部観ています・・恐ろしい
ぞ、トム。

≫毛先よりも根元の方が明るい“逆プリン”になってしまったことに驚いています

それは驚きです。そっからまた伸びたら、ツートンならぬスリートーンになってしまうのでは?・・・大丈夫です、スワロさん。髪なぞすぐ伸びます。髪なぞすぐ染められます。
大丈夫です。

2006.08.03 12:24 URL | 睦月 #- [ 編集 ]

睦月さん、こんにちは。
今日は暑くなりましたね~。
夏らしい日です。

スワロは睦月さんの文章にいつもクスっとさせられていますよ。
ちなみに、この作品は睦月さんのレヴューを見て
見に行こうと思いました。

逆プリンはかなり衝撃的でしたよ・・・
しかし、その衝撃はぬれた髪を見たときで、
乾いた髪はパーマもかかっているしさほど目立ちませんでした。
電光の下だとバレそうですが。
睦月さん、いいこと言った!!
髪なんてすぐ伸びますよねー。
しかし、スワロはそろそろ自分の不器用さを認める時期だと思っております。
睦月さんもセルフカラーの際は説明書の時間を守ってくださいまし。

P.S.
最近、ライブドアの調子が悪いのか、睦月さんのblogにコメントできないんですよー。
復活したらガンガンコメントさせてもらいますね♡

  from swallow tail

2006.08.03 13:13 URL | to 睦月 さん #- [ 編集 ]

スワロさん、今日は。
コメントありがとうございました。

あの橋の爆破シーンは迫力ありましたよね。
上海の高層ビルのシーンはジャッキー・チェンの映画かと思いましたよ。

内容は薄いけど、これだけ派手な作品が作られるのはトム・クルーズだからでしょうね。
それに今後の活躍が楽しみな若手俳優、女優も起用しつつ、ネームバリューの高い俳優のキャスティングもビジネスマンとしてのトムちんのセンスを感じました。
ただ、黒幕と婚約者がしょぼかったですけどね。

2006.08.04 14:54 URL | mei #- [ 編集 ]

meiさん、こんばんは~。

さすがのド迫力でしたね!!
橋のシーンはスワロも目が釘付けでした。
そして、あまりの迫力にくちがあんぐり。

上海のシーンはスワロもジャッキー・チェンの映画にこういうのがあったな~って思いました。
でも、みなさん同じ事を考えているみたいですね。
さすがのトムもジャッキー映画を参考にしたのかしら。

meiさん、キーファーの画像がちょっぴりソフトになっていて安心しました。
あのデビル的なキーファーも素敵ですけど、
突然すぎてスワロは受け付けられませんでしたよ・・・

  from swallow tail

2006.08.04 23:05 URL | to mei さん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://swallowtailchocolate.blog56.fc2.com/tb.php/110-e6c7fed8

M:i:III
 「“ラビット・フット”っていったい何なんだ?」「それは、妻に自分が特殊エージェントであることを秘密にしていた役を演じた俳優のこと。しかも子供の写真が3億円もする」「そ、それって、またアナグラムですか・・・」

2006.08.02 21:50 | ネタバレ映画館

『M:i:III』
CAST:トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン 他スパイのイーサン・ハントは教官となり、恋人と結婚し家庭を持とうとしていた。そんなある日、新たなミッションへの参加を要請される・・・来日した時も面白おかしい滑稽なミッションを遂行したトムさん。彼が扮す

2006.08.02 21:58 | *Sweet Days*  ~movie,music etc...~

M:i:III(評価:○)
【監督】J.J.エイブラムズ【出演】トム・クルーズ/フィリップ・シーモア・ホフマン/ヴィング・レイムス/ビリー・クラダップ/ミシェル・モナハン/ローレンス・フィッシュバーン【公開日】2006/7.8【製作】アメ

2006.08.02 23:56 | シネマをぶった斬りっ!!

M:i:?
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  アドレナリン大放出大作戦! 

2006.08.04 00:08 | カリスマ映画論

MI:III 06年230本目
M:I:III  ミッション:インポッシブル:32006年   J・J・エイブラムス  監督トム・クルーズ  、フィリップ・シーモア・ホフマン  、ビング・レイムズ  、ビリー・クラダップ  、ミシェル・モナハン  、ジョナサン・リース・マイヤー..

2006.12.11 23:18 | 猫姫じゃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。