スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


原題:GOYA'S GHOSTS
製作年度:2006年
製作国:アメリカ/スペイン
上映時間:114分

監督:ミロス・フォアマン
原作:――
脚本:ミロス・フォアマン/ジャン=クロード・カリエール
出演:ハビエル・バルデム/ナタリー・ポートマン/ステラン・スカルスガルド
    ランディ・クエイド/ミシェル・ロンズデール/ホセ・ルイス・ゴメス

あらすじ:
1792年マドリード。権力の再興をもくろむ教会は15世紀に創設した異端審問会の強化に乗り出した。そのころ、ゴヤ(スカルスガルド)は2枚の肖像画を描いていた。一枚は教区のロレンソ神父(バルデム)。もう一枚は裕福な商家の娘イネス(ポートマン)だ。ロレンソ神父はゴヤのアトリエで見たイネスの肖像画を目にし、イネスにただならぬ魅力を感じた。そしてある日、イネスのもとに審問所から出頭命令書が届く・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。