スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


原題:LA TOURNEUSE DE PAGES
製作年度:2006年
製作国:フランス
上映時間:85分

監督:ドゥニ・デルクール
原作:――
脚本:ドゥニ・デルクール/ジャック・ソティ
出演:カトリーヌ・フロ/デボラ・フランソワ/パスカル・グレゴリー

あらすじ:
ピアニストを目指す少女メラ二―(フランソワ)。憧れのコンセルヴァトワール音学校を受験するが、実技試験の最中、人気ピアニストで審査員のアリアーヌ(フロ)が自分の試験中にファンのサインに応じたことにショックを受け、試験に失敗する。それ以来ピアニストの夢をあきらめたメラニーは法学の世界へ進みとある法律事務所で実習を行うのだった・・・

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。