スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20世紀少年

原題:――
製作年度:2008年
製作国:日本
上映時間:142分

監督:堤幸彦
原作:浦沢直樹
脚本:福田靖/長嶋尚志/浦沢直樹/渡辺雄介
出演:唐沢寿明/豊川悦司/常盤貴子/香川照之/石塚英彦/宇梶剛士/佐々木蔵之介
    宮迫博之/生瀬勝久/小日向文世/佐野史郎/森山未來/石井トミコ/石橋蓮司

あらすじ:
1969年。翌年に大阪万博開催を控えた年。その夏、小学生のケンヂは同級生のオッチョ、マルオ、ヨシツネ、モンチャン、ドンキー、ユキジ、フクベエといった仲間たちと空き地の原っぱに秘密基地を作った。彼らは遊びで「よげんの書」をつくり、世界滅亡から人類を救う正義の味方など様々な空想を描いていった。1997年。ケンヂ(唐沢)はコンビニを経営しながら失踪した姉が置いて行った娘の世話に明け暮れていた。同窓会に出席したケンヂはそこで謎の宗教の存在を耳にする・・・

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。