スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


原題:――
製作年度:2008年
製作国:日本
上映時間:102分

監督:内田けんじ
原作:――
脚本:内田けんじ
出演:大泉洋/佐々木蔵之介/堺雅人/田畑智子/常盤貴子/山本圭/北見敏之/伊武雅刀

あらすじ:
神野(大泉)は母校で中学教師をしているしがない公務員。夏休みのある日、その中学校の卒業生という男がやって来る。彼は島崎(佐々木)と名乗り、偶然にも神野と同期であることが判明するが、神野はなんとなくしか覚えていない。実は島崎は木村(堺)という男を捜している探偵だった。そして、その木村も神野と同級生であり、つい最近彼に会っていた・・・

※ご注意:感想にはネタバレを含んでおります。観賞前の方はお気をつけください。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。