スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
アイゼンハイム

原題:THE ILLUSIONIST
製作年度:2006年
製作国:アメリカ/チェコ
上映時間:109分

監督:ニール・バーガー
原作:スティーヴン・ミルハウザー
脚本:ニール・バーガー
出演:エドワード・ノートン/ポール・ジアマッティ/ジェシカ・ビール/ルーファス・シーウェル

あらすじ:
19世紀ウィーン。街ではイリュージョンが流行していたが、中でもひときわ人気があったのがアイゼンハイム(ノートン)のイリュージョンだ。空の箱からオレンジの木が生えてきたり、絵筆を使わず絵を描いたり巧妙な奇術は人々の関心を引いていた。ある日、彼のショーを見に皇太子が劇場にやって来た。アイゼンハイムはショーの手伝いを観客に求めたが、応じたのは皇太子の婚約者として劇場に来ていた幼馴染のソフィ(ビール)だった・・・

※ご注意:感想にはネタバレを含んでおります。観賞前の方はお気をつけください。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。