スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


原題:21
製作年度:2008年
製作国:アメリカ
上映時間:122分

監督:ロバート・ルケティック
原作:ベン・メズリック
脚本:ピーター・スタインフェルド/アラン・ローブ
出演:ジム・スタージェス/ケイト・ボスワース/ローレンス・フィッシュバーン
    ケヴィン・スペイシー/アーロン・ヨー/ライザ・ラピア/ジェイコブ・ピッツ

あらすじ:
マサチューセッツ工科大学(MIT)で優秀な成績を収めているベン(スタージェス)。卒業を目前に控え、ハーバード医科大学にも合格している。仲間とロボット大会への出場の準備で忙しいベンはいわゆる“オタク”系だ。しかし、ハーバードへの進学には学費が30万ドルもかかる。母子家庭のベンは母親に苦労をかけまいと奨学金を申請するが倍率が高く需給の可能性は低い。彼の特技は数学だけで他に取り柄がないからだ。そんなある日、彼の数学の能力に目をつけたミッキー・ローザ教授(スペイシー)からあるビジネスの話を持ちかけられる・・・

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。