スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


原題:TAKE THE KEAD
製作年度:2006年
製作国:アメリカ
上映時間:117分

監督:リズ・フリードランダー
原作:――
脚本:ダイアン・ヒューストン
出演:アントニオ・バンデラス/ロブ・ブラウン/ヤヤ・ダコスタ/アフルレ・ウッダード/カティア・ヴァーシラス/ダンテ・バスコ/マーカス・ボールク/ジェナ・ディーワン/ローラ・ベナンティ

あらすじ:
NYで社交ダンス教室を営むピエール・デュレイン(バンデラス)は、ある晩高校生が高校に停めてあった車を叩き壊しているところを見てしまう。スラム街に住み犯罪に手を染めていく子どもたちを見て何かをしたいと感じたピエールは翌日高校をおとずれ、校長(ウッダード)に「社交ダンスを教えたい」と申しでる。そんな彼を校長は冷ややかな目で見つめるが、居残りクラスの監督にする・・・

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。