スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
つぐない

原題:ATONEMENT
製作年度:2007年
製作国:イギリス
上映時間:123分

監督:ジョー・ライト
原作:イアン・マキューアン
脚本:クリストファー・ハンプトン
出演:キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マカヴォイ/シアーシャ・ローナン/ロモーラ・ガライ/ヴァネッサ・レッドグレーブ/ブレンダ・ブレシン

あらすじ:
1935年、イングランド。政府官僚のタリス家では休暇で帰省する兄のリーオンを迎える支度の真っ最中だった。小説家を夢見る末娘のブライオニー(ローナン)は兄のために戯曲を書上げ、タリス家に身を寄せているいとこたちに演じてもらおうと稽古を始めたがうまくいかない。そんなとき、ふと窓の外に目をやると姉のセシーリア(ナイトレイ)が使用人ロビー(マカヴォイ)の前で突然着ていた服を脱ぎ始め、噴水に飛び込むのを目にする・・・


●第80回アカデミー賞 <作曲賞>
●第65回ゴールデングローブ賞 <作品賞><作曲賞>

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。