スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
みなさん、こんにちは。
ただ今青森から戻りました。


青森はスワロがかつて大学時代をすごした場所。
青森といえば、下北(大間のまぐろ)、恐山、
弘前城、岩木山(津軽ふじ)、竜飛岬、おいらせ・・・

などなど大自然に囲まれた見所満載の土地なのですが、
学生時代はぜ~んぜん青森を堪能せずに終わってしまいました。
今回は、津軽の土地に残った学生時代の友達と会いつつ、
弘前城の桜を見物しようと思って青森(弘前)行きを計画。

今回、スワロにはある程度の目的があったわけで・・・
今回の行動計画を発表。



行動目標:アグレッシブに青森を攻める
達成目標:①十二湖を見る
       ②弘前城の桜を見る
       ③友達と飲み会をしてうるさく騒ぐ
       ④メビウスさんと会って映画について語る




もちろん、青森までの交通手段といえば夜行バス
夜10時に東京駅を出発して翌朝7時に弘前に到着するというアグレッシブなバス。
まさしく今回の旅にピッタリ。
もうさほど若くない体に鞭うち、昼間を有効活用すべく激安バスを利用。
意外と女性客が多く、ゴスロリな女性からから袈裟姿の妙齢の方まで
文字通り老若男女が利用するお得な乗り物。


当初の目的は②と③のみ。
でも、夜行バスは朝7時に弘前に着いてしまうという・・・
弘前は観光地だけれども、正直、終日観光するほどの魅力はない。
弘前城も3時間くらいいれば限界だろう・・・
ということで急遽①を追加。
これならアグレッシブに青森を堪能できるじゃん~
本当は白神山地に行きたかったのだけれども、
こちらは行くとなればこんなに気軽に行くことは難しく、交通手段も車がないと行けない。
なので白神山地ではないけれども、そこに近くて同じような雰囲気も味わえる十二湖へ行くことに。

④は以前からの願いがやっとかなったという感じ。
メビウスさんはスワロがブログを始めた頃から仲良くしていただいている方で
かねてより一度お会いしたいと思っていました。
実は年末ごろメビウスさんオフの話もあったのですが、
やはり物理的な問題は大きく実現しなかったのです(涙)
今回、スワロが来青することを告げると、
メビウスさんも貴重なお時間を割いてオフの時間を作ってくださったのです!


メビウスさん、本当にありがとうございました!


*************************************************************

さて、予定より早く弘前駅へ到着したスワロ。
あ、もちろんお一人様。
十二湖まで行くために切符を購入。
十二湖まで行く列車はリゾートしらかみというかなりエグゼクティブな特急・・・




この列車、非常に人気のある列車らしく
土休日ともなれば中高年のカップルで満席、予約困難な列車らしい。
今回は平日でしかもGW前なのですんなり当日に買えたが、
これから乗ってみようという方は3ヶ月前から予約した方がbetterということでした。
そして、十二湖まで片道2時間半かかるのだ。
しかしスワロ、日帰りです。
みどりの窓口で「お帰りのチケットもお買いになります?」と聞かれたので
「16時の列車で」と即答したら「え!?今日でいいんですか??」と聞き返された(笑)

で、何がエグゼクティブかというと、シートが広々!
展望ラウンジつき!
一人でもボックスシート購入可!
津軽三味線の生演奏あり!!

津軽三味線生演奏のおじさんとおばさん


じょんがら節や津軽民謡を演奏してくださいました。
おじさん、歌ってます。

お昼に十二湖駅に到着したリゾートしらかみ。
・・・無人駅。
No 売店、No コンビニ。

なぜコンビニがないかって?
そりゃ、自然を守るためよ。
なぜ十二個の自然が保たれているかって?
そりゃ、コンビニも何にもないからよ。

そういうことですよ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。