スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


原題:ELIZABETH: THE GOLDEN AGE
製作年度:2007年
製作国:イギリス/フランス
上映時間:114分
配給:東宝東和

監督:シュカール・カプール
原作:――
脚本:ウィリアム・ニコルソン/マイケル・ハースト
出演:ケイト・ブランシェット/ジェフリー・ラッシュ/クライヴ・オーウェン/ジョルディ・モリャ/アビー・コーニッシュ/サマンサ・モートン/トム・ホランダー/リス・エヴァンス/エディ・レッドメイン

あらすじ:
1585年。エリザベス1世(ブランシェット)はイングランド女王の座を手にしていた。しかし、カトリックを廃止しプロテスタントを国教としたイングランドではあるが、国民の中にはまだまだカトリック信者が多く、彼女の奮闘はまだまだ続いていた。しかも、女ひとりで国を統治することに不安を抱く人も多い。不安と宗教的憎悪が渦巻く中、スペイン国王フェリペ二世(モリャ)はヨーロッパ全土をカトリック教にする誓いを立て、イングランド侵攻を企てていた・・・

エリザベス:ゴールデン・エイジ 公式HP

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。