スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
デイ・ウォッチ

原題:Дневной Дозор/DAY WATCH
製作年度:2006年
製作国:ロシア
上映時間:131分
配給:FOX

監督:ティムール・ベクマンベトフ
原題:セルゲイ・ルキヤネンコ/ウラジミール・ラシーリエフ
脚本:ティムール・ベクマンベトフ/アレクサンダー・タラル/セルゲイ・ルキヤネンコ
出演:コンスタンチン・ハベンスキー/マリア・ポロシナ/ウラジミール・メニショフ/ガリーナ・チューニナ/ヴィクトル・ヴェルスピツキー/ジャンナ・フリスケ/ディマ・マルティノフ/ワーレリー・ヴィクトロフ/アレクセイ・チャドフ

あらすじ:
遠い昔、バンパイア、魔術師など超能力を持つ異種たちは闇と光に別れ抗争を繰り広げていたが、光の王ゲッサーと闇の王ザヴロンの間で休戦協定が結ばれる。その後1000年の間闇の異種たちを見張る“ナイト・ウォッチ”と光の異種たちを見張る“デイ・ウォッチ”は平和を守るため互いの行動を監視していた。原題のモスクワ。“ナイト・ウォッチ”のアントン(ハベンスキー)は研修生のスヴェトラーナ(ポロシナ)とパトロール中、駅で人間襲撃の報を受ける。闇の異種を見つけたスヴェトラーナはアントンの制止を振り切り追いかける・・・

デイ・ウォッチ 公式サイト
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。