スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


原題:OUR DAILY BREAD/UNSER TAGLICH BROT
製作年度:2005年
製作国:ドイツ/オーストリア
上映時間:92分
配給:エスパース・サロウ

監督:ニコラウス・ゲイハルター
原作:――
脚本:ウォルフガング・ヴィダーホーファー、ニコラウス・ゲイハルター
出演:農場・精肉工場などで働くみなさん

story:
わたしたち日本人が1年間に食べるお肉は約300万t。そもそもお肉になる家畜はどこで生まれ、どのように育てられ、どうやってパックに詰められてお店に並ぶのでしょう?本作はそんなわたしたちの生とは切り離せない「食物」を生み出している現場の数々を描いたドキュメンタリー。

いのちの食べかた 公式サイト
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。