スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

原題:SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET
製作年度:2007年
製作国:アメリカ/イギリス
上映時間:117分
配給:ワーナー・ブラザーズ/ドリームワークス

監督:ティム・バートン
原作:スティーヴン・ソンドハイム/ヒュー・ウィーラー
脚本:ジョン・ローガン
出演:ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン/ティモシー・スポール/サシャ・バロン・コーエン/エドワード・サンダース/ジェイミー・キャンベル・バウアー

story:
19世紀のロンドン。フリート街で理髪店を営むベンジャミン・バーカー(デップ)の幸福なヒビは、ある日突然打ち砕かれた。彼の幸せをねたんだ悪徳判事タービン(リックマン)によって無実の罪を着せられ、監獄へと送られたバーカーは、15年後に脱獄を果たし“スゥニー・トッド”と名前を変えてフリート街へ戻ってくる。しかし、大家のミセス・ラベット(カーター)から妻は自ら毒を飲んで命を絶ち、タービンに養女にされた娘は屋敷に幽閉されていると聞かされ、トッドはタービンへの復讐を胸に誓う・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。