スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ラストキング・オブ・スコットランド

原題:THE LAST KING OF SCOTLAND
製作国:アメリカ/イギリス
製作年度:2006年
上映時間:125分

監督:ケヴィン・マクドナルド
製作指揮:ケヴィン・マクドナルド/アロン・ライヒ/テッサ・ロス
脚本:ジャイルズ・フォーデン
原作:ジェレミー・ブロック/ピーター・モーガン
出演:フォレスト・ウィテカー/ジェームズ・マカヴォイ/ケリー・ワシントン

story:
1971年、スコットランドの医学校を卒業したニコラス(マカヴォイ)は、診療所で働くためにウガンダにやって来る。ある日、彼はアミン新大統領(ウィテカー)の演説を聞きに行った帰り道で、偶然にも大統領の捻挫の治療をすることになる。大統領から気に入られたニコラスは、アミン一家の主治医になる・・・(シネマトゥデイ)

ラストキング・オブ・スコットランド 公式サイト
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。