スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ホテル・ルワンダ

原題:HOTEL RWANDA
製作国:イギリス/イタリア/南アフリカ
製作年度:2004年
上映時間:122分

監督:テリー・ジョージ
製作指揮:ハル・サドフ/マーティン・カッツ
脚本:テリー・ジョージ
出演:ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ホアキン・フェニックス/ニック・ノルティ

story:
1994年、ルワンダの首都キガリ。ベルギー系の高級ホテル、ミル・コリンで働くポール(チードル)は有能な支配人だ。ホテルに集まるゲスト細かいサービスで満足させている。しかし、ルワンダ内では不穏な空気が漂っている。多数派のフツ族と少数派のツチ族が長年争ってきたが、3年間続いた内戦がようやく終息し和平協定が結ばれようとしていた。しかし、フツ族の民兵グループが市内を威圧的に練り歩き、ラジオでも公然とツチ族非難が繰り広げられていた・・・

ホテル・ルワンダ 公式サイト


※100日間で100万人もの人が惨殺されたというルワンダの民族紛争。
この作品については日本では公開予定がなかったが、
ネット上で署名を集め公開に至ったという経緯もあり、知名度は高い作品だろうと思う。
そして、今回もこの作品の感想は書かずにおきたい。
こういった作品はやはり個々人に直接語りかけるメッセージを大切にしたいからだ。
ぜひ、みていただきたい作品。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。