スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


原題:――
製作国:日本
製作年度:2006年
上映時間:135分

監督:市川崑
原作:横溝正史
脚本:市川崑/日高真也/長田紀生
出演:石坂浩二/松島菜々子/尾上菊之助/冨司純子/中村敦夫

story:
信州の犬神財閥の創始者である犬神佐兵衛(仲代達矢)は、
腹違いの3人の娘とその息子たち、
佐兵衛の大恩人の孫娘、野々宮珠世(松嶋)らを残してこの世を去る。
巨額の遺産が一族の争いの元凶となることを予期した法律事務所の若林は
金田一耕助(石坂)に調査を依頼するが、
ほどなく一族間で次々と殺人事件が発生する・・・

犬神家の一族 公式サイト
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。