スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20060613182650.gif

中国政府、
『ダ・ヴィンチ・コード』の上映打ち切りを決定

看板を撤去する北京市の映画館
(日経新聞より)

言論や表現に期生が多い社会主義国家。
そんな中国では6月8日に『ダ・ヴィンチ・コード』の公開打ち切りが決まったそう。
しかし、一体なぜ?
中国で主に信仰されている宗教は仏教。
カトリック教徒がさほど多くないと思われる中国でなぜ?と疑問は感じます。

一方、日本での公開は順調すぎるほど順調。
6月第1週目の主要各国の成績は、日本700万ドル
イタリア570万ドル、ドイツ500万ドル、フランス360万ドル、英国360万ドル、
スペイン350万ドルで、日本がトップ。
累計でも、日本4650万ドル(52億円)、英国4540万ドルとなり、
海外市場の累計でも日本が1位。

やはり、信仰心がさほど篤くない日本。
『ダ・ヴィンチ・コード』は娯楽映画として楽しめるのでしょうか。

20060613182650.gif

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。