スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
リバティーン

原題:The Libertine
製作国:イギリス
製作年度:2004年
上映時間:110分
公開:4月8日

監督:ローレンス・ダンモア
脚本:スティーヴン・ジェフリーズ
音楽:マイケル・ナイマン
出演:ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコヴィッチ

story:
17世紀、王政復古のイギリス。ロンドンを追放されていたジョン・ウィルモットことロチェスター伯爵(デップ)は、恩赦を受けてロンドンへと戻ってきた。悪友たちが演劇議論を交わすバーに寄った彼は、国王チャールズ二世の親族を前に、性描写の入った政府批判の詩を詠んだ武勇伝を話してきかせた。世間を騒がし続ける破天荒なジョンだが、その才能は国王チャールズ2世(マルコヴィッチ)も認めるところだった。ある日、劇場でひとりの女優エリザベス・バリー(モートン)を目にしたジョンは、演技指導を申し出る・・・

リバティーン 公式サイト
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。