スワロが映画を見た

スワロが見た映画について感想を書いていきます。
劇場映画、DVD、新作、旧作問わず映画のレビューを書きます。
コメント・トラックバック大歓迎。みなさまの積極的な絡みをお待ちしております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |



原題:THE EXORCISM OF EMILY ROS
製作国:アメリカ
製作年度:2005年
上映時間:120分
公開:2006年3月11日

監督:スコット・デリクソン
脚本:ポール・ハリス・ボードマン 、スコット・デリクソン
音楽:クリストファー・ヤング
出演:ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、ジェニファー・カーペンター

story:
19歳の女子大生、エミリー・ローズ(カーペンター)。
恐ろしい幻覚と痙攣に苦しむ彼女は、
医学ではなくムーア神父(ウィルキンソン)に自らの運命を託した。
しかし、悪魔祓いの儀式の後、彼女は命を落としてしまう。
過失致死罪で起訴され、法廷で裁かれることになった神父。
そして、彼と共にエミリーの真相を明かす、女性弁護士のエリン(リニー)。
証拠品として、法廷に提出された1本のカセットテープと、
エミリーが死の直前に書き残した1通の手紙が、
“悪魔の存在”を問うこの裁判を、思わぬ結末へと導いていく・・・

エミリー・ローズ official HP

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。